式会場の上手な選び方

家族婚の受け入れ態勢をチェック!

家族や親しい人たちだけで行う結婚式は、時間も予算も少なくて済むので、新生活に予算を回したいと考える新郎新婦にとっての、結婚式の新しいスタイルとして定着してきました。しかし、一般的には結婚式は、二人の門出を盛大に祝い、多くに人に一度にお披露目する機会という考え方もあります。そのため、一般的な結婚式場では、家族婚よりも一般的な結婚式をお勧めしたり、あるいは優先したりすることもあります。
結婚式場を選ぶ際には、まずは家族婚という形での結婚式の実績があるかどうか、専用のプランが準備されているかどうか、という点をチェックするとよいでしょう。さらに、担当のスタッフの方が、以前に家族婚を手掛けた経験があれば、とても心強いですね。

式場以外でも家族婚は可能

近くに家族婚のできて、かつ希望に当てはまるような式場が見つからないこともあります。そういう場合には、挙式と食事会を分けて実施したり、レストランなどでの人前婚なども選択肢の一つです。挙式と食事会を分けた場合には、移動がネックになりますが、それでも場を改めてゆっくりと食事と会話を楽しむこともできるという大きなメリットがあります。一方、レストランの場合は、人前婚というスタイルで参加者に結婚を認めてもらうというプログラムを組み込むことで、単なる食事会ではなく、結婚式の印象が強まります。参加者も比較的カジュアルな格好で出席できるのもメリットです。ただしウエディングドレスの着用は難しいので、その点がデメリットになる場合もあります。